相談を受けた時の対処

 システムエンジニアの仕事は、時に激務になる特徴があります。開発スケジュールに余裕がなく、開発を間に合わせるためにスタッフに大きな負担が掛かりがちです。多少は激務に慣れているエンジニアでも、徹夜が続くと次第に疲れが蓄積し冷静な判断力を失いがちです。そのため仕事を辞めたいと考えることも珍しくはありません。

 場合によっては、同じ職場で働くシステムエンジニアの同僚が、仕事を辞めると言い出すかもしれません。
 その際に相手との接し方が重要になります。疲労から冷静な判断力を失っている状態では、さらなる努力を強いるなどプレッシャーを与えるような励ましはかえって逆効果になりやすいのです。誤ったアドバイスが、かえって相手の負担を増やす事にもなりかねません。

 もし開発の激務から相手が冷静な判断力を失っていると考えられるようなら、少しでも休息を取ることを勧めた方が無難です。それは自身も同様であり、精神的に不安定になって仕事を辞めたいと考える状態になったなら、決断を急ぐことなく休息を取ってみる必要があります。冷静に物事を考えられる状態になると、再び仕事に対する意欲が蘇ってくるかもしれません。
 また精神的に負担の大きい仕事を続けていると、うつ病を始めとする精神疾患を患う可能性もあります。そのため同僚が仕事を辞めると打ち明けるようになれば、過労を原因とするトラブルが起きる前にカウンセラーに相談するよう勧めることも有効です。